マイストーリー

こんにちは
ラストチャンスダイエットコーチ
こんまり流片づけコンサルタントの袴塚 香織です

専業主婦だった私が、
起業した理由を書きとめていきたいと思います

 

27才で、結婚し、1年後に長女を妊娠。
仕事を辞めて、家のことをしっかりやりたい!
子供が産まれたら、母親が育てるのが当たり前。
と思っていた私は、
妊娠を期に、独身のころから約10年勤めた会社を辞め、晴れて専業主婦の夢を叶えました。

 

毎日決まった時間に出社していたのが、
1日、自由に過ごせると思うと無性に嬉しくて仕方がありませんでした。

 

しかし、夢中になることも好きなことも見つからず、
小さな頃から食べることが大好きだったので、
空いた時間は、常に食べるモノを探して、
1日中何か食べて過ごす生活になっていました。

 

妊婦検診の体重測定が嫌で嫌で、産婦人科に行くのが憂鬱でした。
それでも食べることが辞められず、
結局出産までに増えた体重は17キロ!!!

 

出産後も食欲は治ることはありませんでしたが、
母乳をあげていたので、体重は戻り安心していました。

その後、卒乳してからは、少しづつ増加傾向に。

 

2年後次女を妊娠。
また、産後は痩せるだろうと安易に考えていたのだと思います。

 

しかし、出産後は、長女のときとは違い、
母乳をあげても産前の体重には戻らず、
その後も順調に増え続けて行きました。

 

フォトスタジオで記念に撮ったお宮参りの写真には
太った自分を残すことがイヤで一緒に写ることが出来ず、子供たちだけで撮影することに。
この頃から、家族写真や記念写真に写ることはほとんどなくなりました。

 

ちょうど、このころマイホームを建て、引っ越しをしました。
設計の段階では、収納をたくさん作ったはずでしたが、、、
生活していくうちにモノで溢れ、
部屋には子供のおもちゃが出しっ放し、
ソファーには、洋服が重なり、
テーブルの上には物が積み重なっていて、
片付かない家にストレスを感じるようになりました。

 

この頃を思い返すと、
部屋に出ているもののほとんどは私のものなのに、
そこには目を向けず、
出しっ放しのおもちゃを片づけさせるために、
子供たちに、毎日毎日
「片付けなさい」
と怒鳴っていました。

 

なんで私、こんなに子供たちに怒っちゃうんだろう。
「もっと優しいママでいたいのに・・・。」
と、寝顔を見ては後悔する日々。

 

理想の家を建てたはずなのに、
理想の暮らしが出来なくて、悶々としていました

 

そんな時に、
雑誌でこんまりこと近藤麻理恵の「人生がときめく片づけの魔法」を知りました。
その後もテレビ出演されているのも見て、
ちょっと興味を持っていたところ、
美容室でたまたま見ていた雑誌で、こんまりさんを見つけると、
信頼する美容師さんが、
「こんまりさんの片づけのセミナーがあるらしいよ。
私行こうと思ってるんだー。香織ちゃんも行かない?」
と誘われました。

 

これは、もう、背中を押されているに違いないと思い、セミナーに申し込みました。

 

子供が小さく、専業主婦の私が、茨城から東京にセミナーに行くのは、
勇気がいる決断でしたが、
それでも、
「この生活を変えたい!」
と思っていたので、
とても楽しみにしていました。

 

セミナー後、少しずつ自分で片づけを進め、
メソッドの通りに片づけをしたはずでしたが、
最後まで終わっても、
なぜかモヤモヤが残っていました。

 

一人で解決するのは難しいと早々に手放し、
片づけコンサルタントに自宅に来ていただき、
全て終わったはずの家中を一緒に見直しました。

 

なんとなく残したものなどは、
「なんでわかるの?」
というような声かけをいただき
本当にときめくものだけを残すことができ、
しっくり来なかった収納が、ピタッと収まったり
細部にまでときめきをプラスしていくところなど、
プロの力を感じました。

そして、無事にお片づけを卒業することができました。

 

こんまりメソッドで片づけを終えてみて、

理想の部屋で家族と過ごせる幸せを実感し、
家中のものを一つ一つ選択したことで、
自分で決めるということへの自信にもなり、
自分の好きなことがはっきりしたことで、
今まで夫や子供たちにも自分の考えを押し付けていたことに気づき、
家族にも好きなことをやって欲しいと思うようになりました。

 

片づけで人生が変わるなんて、大げさだと思っていましたが、
たくさんのモノと一緒に今まで私の中にあった思考を手放したら、
たくさんのときめきに気づけるようになりました

 

片づけで心まで整っていくのを実感し、
こんまり流片づけコンサルタントになることを決意し、
2017年に認定コンサルタントとして活動を開始しました

 

片づけコンサルタントとして活動していく中、
私の中での違和感として残っていたもの。

 

全てときめきで選んでいるはずなのに、
ときめく服を着ても、鏡に映った自分にときめかない・・。
洋服を買いに行っても、着たいものではなく、着れるものを選んでいる。

 

ときめく服を素敵に着こなしたい!
鏡に映る自分を素敵と想えるようになりたい!

 

そう思い、
「糖質制限ダイエット」に挑戦しました。
糖質制限のレシピを調べて作ったりして、1ヶ月くらいは続きましたが、
とても美味しいとは言えない食事に飽きてしまいそのままフェードアウト。
2〜3キロ痩せた体重はあっという間にリバウンド。

このままではいけないと、次に挑戦したのは、
エステサロンで勧められた酵素ドリンクでのファスティング。
3日間酵素ドリンクだけをとり、前後2日は固形物を取らずにすごし、
3キロ減量しましたが、
また元の食事に戻したらあっという間に戻ってしまいました。
エステサロンの方には、
「毎月繰り返すことで痩せ体質になりますよ!」
と言われましたが、
次の月、どうしてもやる気が起きずに諦めました。

 

こんなに辛い思いをして痩せても、すぐにリバウンドするなら、
最初からダイエットしないほうが良いのでは。
と諦めようと思っていた時に、

一生に一度のダイエット
美味しく食べて綺麗に痩せる
「ラストチャンスダイエット」
に出会いました!

 

ダイエットも片づけと同じで
やり方を知らないだけ。
正しい知識を身につけ、伴走してもらえたら
私も痩せられるのでは?
と期待は膨らみ、思い切って、コーチにコンタクトをとってみました

 

ダイエットにお金を出すことに、
抵抗がなかったと言えば嘘になりますが、
いつも自分にときめいていられるような理想の自分になるのは、
これしかない!!
と思い切って申し込みました。

 

コンサルが始まるまでの1ヶ月間、
ワクワクする一方で、
好きなモノを我慢して、辛いダイエット生活が待っているんだろうな。
これで、痩せられなかったらどうしよう・・・。
という不安もありました。

 

そして、いよいよダイエットグループコンサルの対面講座の日。
栄養のこと・食べ方のこと・体の中で起こってること
などなど学んでみて、
今までのダイエットがいかに間違っていたかを思い知らされました。
はやく、この知識を学びたかったと思うほど、
まだダイエットに成功したわけでもないのに、
このダイエット法なら続けられそう!
と希望が持てました

 

今まで食べない日はないくらいに大好きだった甘いものも、
十分な栄養が取れると、欲さなくなること、
年に数回しか来なかった生理も毎月来るようになったこと、
アトピー性皮膚炎で薬が手放せなかった体からは、掻きむしった跡が消え薬を手放せたこと
「食べたモノでしか体は作られない」
ということを実感し、
自己流では越えることができなかった体重も、
みるみる減っていき、
何をどんな風に食べたら減っていくのか考えるのが
楽しくて仕方ありませんでした。

 

きつい食事制限や激しい運動をしなくても、
美味しいものを食べて、痩せることができ、
これから一生続く食習慣を身に付けることができ、

目標にしていたマイナス20キロを9ヶ月で達成後、
7ヶ月たった今も、あの時理想だった体重をキープしています。

 

今までダイエットで痩せても、またリバウンドしたらどうしよう。
という恐怖と、
食べたいものを我慢するダイエットからの反動でガーッと食べては、
「なんでこんなに意志が弱いんだろう・・・。」
と自分を責め、
ダイエットは一生するものだと思っていた過去の私と同じように、
ダイエットに苦しんでいる方に、
美味しく食べて綺麗に痩せる
「ラストチャンスダイエット」
を、一人でも多くの悩める女性に体感してほしい!
という想いから、2020年4月よりダイエットコーチとして活動しています。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP